野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ロッテ伊東監督、平沢は「遊撃が基本」 「キャンプのテーマはパワーアップ」

ロッテ伊東監督、平沢は「遊撃が基本」 「キャンプのテーマはパワーアップ」

1日から始まったロッテ秋季キャンプ。野手の大きなテーマのひとつに、内外野を問わず、複数ポジションを守ることの出来る守備力の確立が挙げられている。

20160410_hirasawa

「ニュー平沢」誕生へ、「バッティングでは強く振ること」

 1日から始まったロッテ秋季キャンプ。野手の大きなテーマのひとつに、内外野を問わず、複数ポジションを守ることの出来る守備力の確立が挙げられている。

 ドラフト1位ルーキーの平沢は1年目の今季、23試合出場で打率.149、3打点と打撃は1軍のカベに阻まれたが、本職のショート以外にセカンドも守るなど、守備は無難にこなした。

 ただ、伊東監督は「あいつ(平沢)の場合はショートが基本になる」と話す。バッティングで一皮むけ、1軍で結果を出せば、去就未定のナバーロに代わって鈴木を遊撃から二塁に回せる。平沢、鈴木で二遊間を形成できれば、打線にリズムが生まれる。

「チーム事情で育てる余裕はなく、ある程度、結果を残さないとしょうがない面はあるが、このキャンプは人一倍、意気込みは強いと思う。こんなはずじゃないと思っているはず。でも、高校生。大学、社会人でもまれた即戦力とは違う。プラスの1年だったのではないか。そう簡単に結果を出せる世界じゃない」

 伊東監督もこう語っている。一方で、平沢自身が挙げる目標は「このキャンプのテーマはパワーアップとスピード」と明快だ。秋季キャンプ参加者全員が、自分自身を追い込む期間になるが、「みんな限界に挑戦している。僕もそれに負けないように。バッティングでは強く振ること」と言い切った。

 1軍レベルの速球に押されて、振り負ける場面も目立っていた。しかし、まずしっかりと体を作って、速球を完璧に弾き返せる「ニュー平沢」誕生へ――。このキャンプが大きな試金石になる。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング