野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 侍ジャパン
  • U-23代表
  • 【U-23W杯】侍ジャパン、全勝対決制し開幕5連勝&1位突破! 斎藤監督「最高の形」

【U-23W杯】侍ジャパン、全勝対決制し開幕5連勝&1位突破! 斎藤監督「最高の形」

メキシコで開催されている「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は1日(日本時間2日)、オープニングラウンド最終日を迎え、日本がオーストラリアを11-2で下し、グループB1位でスーパーラウンド進出が決まった。グループB最大のライバルとの全勝対決となったが、打線が好調を維持した日本は12安打11得点で圧勝した。

20161102_kasahara

先発・笠原の好投でオーストラリアに11-2と圧勝

 メキシコで開催されている「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は1日(日本時間2日)、オープニングラウンド最終日を迎え、日本がオーストラリアを11-2で下し、グループB1位でスーパーラウンド進出が決まった。グループB最大のライバルとの全勝対決となったが、打線が好調を維持した日本は12安打11得点で圧勝した。

山本昌氏が見る侍ジャパン強化試合メンバー「僕は過去最強だと思う」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 先制したのは日本だった。1番・武田(オリックス)が四球で出塁。送りバントなどで2死三塁とすると、4番・真砂(ソフトバンク)の左翼線二塁打で1点を挙げた。3回には、1死一、三塁から3番・乙坂(DeNA)の左犠飛、4回には今大会大当たりの主砲・真砂(ソフトバンク)が2号ソロ、4回には先頭・柿沼(ロッテ)が死球と牽制ミスで作った無死三塁の好機から吉持(楽天)が右犠飛で、それぞれ1点ずつを加えた。

 6回には、2四球から2死一、三塁の得点機を作ると、吉持と武田の2者連続適時打で3点を追加。2点を奪われた直後の7回には、2死一塁から主将・三好(楽天)の2ランから始まる5連打で4点を挙げ、オーストラリアを突き放した。「2点取られた後で2アウトから回ってきたので、大きいのを狙いにいこうと思った」という三好は、狙い通りの一発に「ホームランを打ててよかったです」と喜んだ。

 投げては、ソフトバンクの左腕・笠原がスライダーを効果的に使い、好投した。1回、2回と無失点。3回に2安打を許し、1死一、三塁のピンチを迎えたが、次打者を三ゴロ併殺に打ち取った。3回最終打者から7回2死まで打者12人を連続凡退。7回2死から1四球をはさむ3連打で2失点したが、6回2/3を5安打9奪三振2失点の力投。2番手・永谷(JR東日本)が無失点でつなぐと、9回は歳内(阪神)がしっかり締めて勝利した。

 斎藤監督は「全勝同士ということで非常に緊張する試合になると思いましたけど、笠原が相手の攻撃をきっちり抑えてくれた。攻撃も1点1点積み重ねていく形がうまく取れて、本当に最高の形だったと思います」と、満面の笑みで1位通過を喜んだ。

 2日(同3日)に休養日をはさみ、3日(同4日)からはスーパーラウンドがスタート。指揮官は「自分たちの野球をすればいい野球ができて勝てると思うので、そこだけを目指して頑張りたいと思います」と意気込んだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング