野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • マリナーズが「再契約に興味」も…元SB李大浩「出場機会は重要な要素」

マリナーズが「再契約に興味」も…元SB李大浩「出場機会は重要な要素」

元ソフトバンクのマリナーズ李大浩内野手が、メジャー1年目のシーズンを終えて帰国したと韓国地元紙「韓国日報」、米地元紙「タコマ・ニュース・トリビューン」が伝えている。

20161102_lee

1年目は開幕メジャー勝ち取り活躍、サービス監督と主砲カノも残留を希望?

 元ソフトバンクのマリナーズ李大浩内野手が、メジャー1年目のシーズンを終えて帰国したと韓国地元紙「韓国日報」、米地元紙「タコマ・ニュース・トリビューン」が伝えている。マリナーズはフリーエージェント(FA)となる李大浩との再契約に興味を示しているが、本人は悩ましいオフを過ごすことになりそうだ。

 李大浩は今季、マリナーズにマイナー契約で加入。スプリングトレーニングで結果を残し、開幕メジャーの切符を勝ち取った。開幕後は主に代打や対左投手でのスタメンとしてプレーし、前半戦は勝負強い打撃で存在感を見せたが、徐々に成績を落としてマイナー降格も経験。打率.253、14本塁打、49打点でシーズンを終えた。104試合出場(先発出場75試合)で317打席と出場機会も限られていた。

「韓国日報」によると、李大浩は2017年もマリナーズで過ごしてほしいと、スコット・サービス監督、主砲ロビンソン・カノに伝えられたという。また、「タコマ・ニュース・トリビューン」は、マリナーズのジェリー・ディポートGMが34歳のスラッガーとの再契約に前向きだと報じた。米移籍情報サイト「トレード・ルーマーズ」は、「マリナーズは李大浩との再契約に興味を示している」との見出しで特集している。

人気記事ランキング