野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 侍ジャパン
  • U-23代表
  • 【U-23W杯】負けず嫌いが呼んだ侍J快勝 笠原&吉持、悔しさバネに生まれたヒーロー

【U-23W杯】負けず嫌いが呼んだ侍J快勝 笠原&吉持、悔しさバネに生まれたヒーロー

キシコで開催されている「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は1日(日本時間2日)に大会5日目を終え、侍ジャパンU-23代表は5戦全勝でオープニングラウンドのグループB1位通過を決めた。

20161102_yoshimochi

7回途中9奪三振2失点の先発・笠原、2死からの2失点に「甘さが出ました」

 メキシコで開催されている「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は1日(日本時間2日)に大会5日目を終え、侍ジャパンU-23代表は5戦全勝でオープニングラウンドのグループB1位通過を決めた。1日のオーストラリア戦を前に、斎藤雅樹監督は「非常に緊張する試合になると思った」と警戒したが、蓋を開けてみれば11-2と快勝。投打のヒーローが見せた、負けず嫌いがゆえの向上心が、勝利への原動力となった。

山本昌氏が見る侍ジャパン強化試合メンバー「僕は過去最強だと思う」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 投のヒーローは、文句なしに先発を務めた笠原大芽(ソフトバンク)だ。伸びのあるストレートと変化の違う2種類のスライダーを駆使しながら、3回から7回にかけて12者連続凡退を記録。7回2死から1四球をはさんだ3連打で2点を奪われたが、米マイナーリーガーもいるオーストラリア打線から9奪三振。試合後、斎藤監督は開口一番、勝利の要因として「やっぱり笠原が相手の攻撃をきっちり抑えてくれた」と称えたほどだった。

 だが、当の本人はといえば「勝利につながったので、監督の期待に応えられたと思います」と言いながら、口を突く言葉は反省ばかり。7回2死からの失点が堪えたようで「2アウトから点を取られることがシーズン中にもよくあった。甘さが出ました」「最後にセンター前に抜けたの(打球)も、ピッチャーゴロで終わらないといけないのをスルーした。反省しています」と神妙な面持ち。6回2/3を5安打2四球9奪三振で2失点。先発の役割をしっかり果たした好投だったが、それに満足しない厳しさの表れだ。

 大塚晶文投手コーチは、この日好投した要因の一つは「悔しさ」にあると分析する。

「エース格で(代表に)入ってきたのに、初戦、2戦目と先発を任せてもらえなかったことは悔しかったと思いますよ。その思いをぶつけた部分もあるんじゃないかな」

 先発起用は決まっていたが、3戦目のアルゼンチン戦には「余裕があったら1イニング投げさせて下さい」と志願してリリーフ登板。試合勘を鈍らせないように意識を高く持つことで、この日の存在感あふれる投球につなげた。

人気記事ランキング