野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 日米の頂上決戦を盛り上げる様々な仕掛け&イベントとは?

日米の頂上決戦を盛り上げる様々な仕掛け&イベントとは?

今回は白熱の戦いの裏で頂上決戦を盛り上げるために日米ではどのような仕掛けやイベントが行われているのかに注目し、紹介してみたいと思う。

20161103_indians

カブス本拠地ではチケット22万円超の高騰も

 海の向こうメジャーリーグでは1908年以来のワールドシリーズ制覇を目指すシカゴ・カブスと1948年以来の制覇を目指すクリーブランド・インディアンスによる熾烈な戦いが行われている。

 長らく優勝から遠ざかっているチーム同士の対戦ということもあり、全米だけでなく世界中が注目するカードとなっている。日本でも1984年の日本一達成から一番遠ざかっている広島と2006年以来の日本一を目指す北海道日本ハムの対戦が行われ、最後まで全く予測ができない白熱の展開を制した北海道日本ハムが10年ぶりとなる日本一のビッグタイトルを手にした。

 今回は白熱の戦いの裏で頂上決戦を盛り上げるために日米ではどのような仕掛けやイベントが行われているのかに注目し、紹介してみたいと思う。

 まず始めにチケット購入時から日米では違いがある。日本ハムの公式ページにアクセスすると、「SMBC日本シリーズ2016は日本野球機構(NPB)主催のため、北海道日本ハムファイターズでのチケット取り扱いはございません」という案内が大きく表示されている。一方でワールドシリーズ進出を果たしたクリーブランド・インディアンスは公式ページのチケット欄から購入できる仕組みとなっている。購入時から日米での差が見受けられる。

 チケットの売れ行きが良く、ほとんどの席がほぼ売り切れ状態となり、二次流通販売では第1戦のプログレッシブ・フィールドの立見席でも最低700ドル(約7万2000円)で販売されているという報道が出ていた。さらにチケット高騰が目立っていたのは、カブスのリグレー・フィールドがホームとなる第3戦であった。その日のチケットは最低でも2200ドル(約22万7000円)という価格で販売されていた。

人気記事ランキング