野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • お知らせ
  • 【高校野球】早実がセンバツ当確 清宮は5連続三振に苦笑「こんなに三振したの初めて」

【高校野球】早実がセンバツ当確 清宮は5連続三振に苦笑「こんなに三振したの初めて」

明治神宮大会出場をかけた秋季東京大会の決勝が3日に行われ、早稲田実が日大三を8-6のサヨナラで破り優勝。

東京ヤクルト神宮

全国の舞台へ「全員でパワーアップできるようにしたい」

 明治神宮大会出場をかけた秋季東京大会の決勝が3日に行われ、早稲田実が日大三を8-6のサヨナラで破り優勝。来春のセンバツ出場に当確ランプを灯した。2点を奪う9回に4点を奪いサヨナラ勝利。4番・野村大樹(1年)が劇的なサヨナラ2ランを放った。注目の清宮幸太郎内野手(2年)は日大三のエース左腕・桜井周斗の前に5打席連続三振に終わった。

 清宮は相手エース左腕・桜井のスライダーに翻弄され、5打席連続三振。9回は1点差とし、なおも無死一、三塁の好機で打席に立つと、暴投で同点。なおも無死二塁の好機だったが、バットが空を切った。しかし、続く4番の野村がライトへサヨナラ2ラン。劇的勝利で東京都の頂点に立った。

 試合後の優勝インタビューで、主将の清宮は「こんなに三振したのは初めて」と言いながらも「徐々にみんなの力が出るようになって、結果的にチーム力が高くなった。総合力のあるいいチームだと思います」とチームメートとともに掴んだ勝利に胸を張った。

 また、この日も神宮球場では多くの声援を受け「応援は早実ならではのものが多いですけど、本当にたくさんの方々がいつも来てくださっているからこそ、自分たちの力になっていると思っているので、応援なくして今日の勝利はなかったと思ってます」と感謝。場内から大きな拍手を浴びた。

 今後は明治神宮大会に続き、来春のセンバツと全国の舞台が続く。「このチーム力にしっかり自分のバッティングをプラスできるように、自分だけでなく全員でパワーアップできるようにしたいと思います」。清宮はさらなる成長を誓った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング