野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 近年積極姿勢見せる日本ハム ここ10年のトレード数で最多&最少の球団は?

近年積極姿勢見せる日本ハム ここ10年のトレード数で最多&最少の球団は?

2日に日本ハムと巨人の間で2対2のトレードが成立した。日本ハムは吉川光夫投手と石川慎吾外野手、巨人は大田泰示外野手と公文克彦投手を放出。いずれも注目度の高い選手が含まれているだけに衝撃も大きかった。それでは11月3日時点でのここ10年の各球団のトレード回数はどうなっているのだろうか。

20150217_itoi

巨人&日本ハムで2対2のトレード成立

 2日に日本ハムと巨人の間で2対2のトレードが成立した。日本ハムは吉川光夫投手と石川慎吾外野手、巨人は大田泰示外野手と公文克彦投手を放出。いずれも注目度の高い選手が含まれているだけに衝撃も大きかった。

 両球団の間では今年4月にも大累進内野手(当時巨人)と乾真大投手(当時日本ハム)のトレードが成立。また、日本ハムはその直前にも藤岡好明投手を金銭トレードでDeNAに放出しており、トレード戦略で積極的な姿勢がうかがえる。昨季途中も巨人との間で2対2のトレード(須永英輝投手&矢野謙次外野手が日本ハム、矢貫俊之投手&北篤外野手が巨人に移籍)を行っており、この2年間で成立済の全5つのトレードのうち、3回に絡んでいる。

 それでは11月3日時点でのここ10年の各球団のトレード回数はどうなっているのだろうか。成立した回数とそれにより移籍した選手数を見てみたい(※交換トレード、金銭トレードのみ。FAの人的補償は含まず)

 セ・リーグで最多のトレード数となったのはDeNA(横浜)で通算21回だった。放出した選手、獲得した選手も最多の26選手。近年では2013年途中に西武の長田秀一郎投手を獲得し、渡辺直人内野手を放出するなどしているが、複数トレードで見ると2012年オフにソフトバンクとの間で成立させた3対3のトレード(多村仁志、神内靖、吉川輝昭を獲得し、吉村裕基、江尻慎太郎、山本省吾を放出)が最後となっている。

人気記事ランキング