野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • カブスWS制覇はシカゴ市民の7割以上が観戦!? 米全国視聴率も01年以降最高に

カブスWS制覇はシカゴ市民の7割以上が観戦!? 米全国視聴率も01年以降最高に

シカゴ・カブスは2日(日本時間3日)、ワールドシリーズ第7戦でクリーブランド・インディアンスに延長の末に8-7で競り勝ち、1908年以来108年ぶり3度目の世界一に輝いた。歓喜から一夜明けた現地時間3日、米メディアは深夜まで及んだ激闘を大きく報じた。

20161104_cubs

一夜明けても大々的に報じられたカブスのワールドシリーズ制覇

 シカゴ・カブスは2日(日本時間3日)、ワールドシリーズ第7戦でクリーブランド・インディアンスに延長の末に8-7で競り勝ち、1908年以来108年ぶり3度目の世界一に輝いた。歓喜から一夜明けた現地時間3日、米メディアは深夜まで及んだ激闘を大きく報じた。

 全国紙のUSAトゥデーは一面に写真つきでカブスの勝利を伝えるとともに、スポーツ面で「呪いは解けた」の見出しで大きく報じた。記事では、カブスが長年の低迷期を抜け出した経緯を説明。1945年のワールドシリーズ第4戦で、ヤギを連れての入場を拒否されたことから生まれたヤギの呪いや、黒猫の呪い、そしてファウルフライの捕球妨害で有名になったバートマン事件に至るまで、これまで優勝できない理由として伝説化されてきた「呪い」の数々を列挙。「108年にわたる干ばつが終わりを迎えた」と伝えた。

 シカゴ近郊の地元各紙もそろって、一面で大きく写真付きで取り上げた。シカゴ・トリビューン紙はワールドシリーズ・チャンピオンの特別版を出し、「At Last! 遂に!」との見出しと勝利の瞬間にナインが抱き合う写真を一面に使った。

人気記事ランキング