野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 侍ジャパン
  • U-23代表
  • 【U-23W杯】本田圭佑が127球の力投! 韓国に劇的勝利で監督「すごいゲームでした!」

【U-23W杯】本田圭佑が127球の力投! 韓国に劇的勝利で監督「すごいゲームでした!」

3日(日本時間4日)にスーパーラウンド初戦を迎えた「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」。グループB1位の日本はグループA2位の韓国を、延長10回タイブレークの末、2-1で下して、開幕6連勝を飾った。

20161104_honda

本田は7回降板予定も、志願の8回続投「いきたい気持ちが本能的に出ていた」

 3日(日本時間4日)にスーパーラウンド初戦を迎えた「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」。グループB1位の日本はグループA2位の韓国を、延長10回タイブレークの末、2-1で下して、開幕6連勝を飾った。手に汗握る接戦で1点先制を許したが、7回に真砂(ソフトバンク)の3号ソロで同点。タイブレークで迎えた10回無死満塁で、乙坂(DeNA)がセンターへ決勝犠飛を放ち、日本は2-1でサヨナラ勝ちした。

侍ジャパン、強化試合第1戦は完敗 小久保監督は拙攻を悔やむ「有利に運べなかった」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 興奮冷めやらなかった。試合終了後、斎藤雅樹監督は開口一番「いやぁ、すごいゲームでした!」と声を弾ませた。途中、強い風と雨に襲われる悪条件の中、両軍先発が力投した。日本の先発を任された本田(西武)は、2回に無死満塁のピンチを招いたが無失点。「メンタル的に投げ急いでいた部分があった」と心持ちを修正すると、3回以降は快投を披露した。5回、先頭打者に「初球の入りが真ん中だったんで完全に失投ですね」と先制ソロ弾を浴びたが、ミスはそれだけ。8回を投げて127球、4安打3四死球を許したものの、12奪三振1失点の力投で勝機をつないだ。

 志願の8回続投だった。「本田は7回くらいで(降板)と思っていた」という斎藤監督だが「本人がまだいける、いくって言うんで、8回までいってもらいました」。本田自身も「接戦だったので、何とか長く投げたいと思っていた。今日は、いきたい気持ちが本能的に出ていたので、何も考えずに『いきます』と言っていました」と気持ちを見せた。

人気記事ランキング