野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【U-23W杯】侍ジャパン、パナマに逆転負けで今大会初黒星 連勝6で止まる

メキシコで開催されている「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は4日(日本時間5日)、スーパーラウンド2日目を迎え、グループB1位通過の日本がグループA1位通過のパナマに2-3で敗れた。

2016-1105_anraku

決勝進出決定はお預け

 メキシコで開催されている「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は4日(日本時間5日)、スーパーラウンド2日目を迎え、オープニングラウンドグループB1位通過の侍ジャパンU-23代表はグループA1位通過のパナマに2-3で敗れた。今大会初黒星で連勝は「6」でストップ。決勝進出決定もお預けとなった。

山本昌氏が見る侍ジャパン強化試合メンバー「僕は過去最強だと思う」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 日中降り続いた雨の影響で、試合は当初の予定時間から50分遅れてスタート。ドタバタする中で始まった試合だが、日本は初回の守備で左翼・真砂(ソフトバンク)が強肩発動。2死二塁からの左前打で本塁を狙った二塁走者をレーザービームで刺し、失点の危機を免れた。

 真砂の好守に続いたのが、山下(DeNA)だ。2回先頭で打席に立つと、1ボールからの2球目を豪快に振り抜き、右翼席上段に突き刺した。この回は敵の失策もあり、さらに1点を追加。2点のリードを奪った。

 日本の先発を務めたのは、この日20歳の誕生日を迎えた安樂(楽天)。2点リードの3回にソロ弾を浴びて1点差とされると、5回には先頭打者への死球をきっかけに、2死から中前に適時打を許して同点に追いつかれた。

 6回からは両軍先発が一歩も譲らず、スコアボードに「0」を並べた。日本は8回1死から2番・植田(阪神)が左前打を放ち、乙坂(DeNA)の四球で1死一、二塁と追加点の好機を生んだが、これを生かし切れなかった。

 8回のマウンドに戻った安樂は、先頭への四球から送りバントで1死二塁とする。ここで一塁へのボテボテの打球に一塁・廣岡(ヤクルト)が懸命にチャージするもさばききれずに1死一、三塁。次打者のゴロを捕球した二塁・三好(楽天)は本塁へ送球するも、三塁走者の足が一瞬速く、勝ち越し点を許してしまった。

 日本は9回に2死から柿沼(ロッテ)が右翼への安打で出塁。代走の山崎(ヤクルト)が二盗に成功し、同点機を広げたが、最後は吉持(楽天)が投ゴロに倒れ、今大会初黒星を喫した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング