野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 【高校野球】 秋の王者は? 作新、履正社、仙台育英、早実…明治神宮大会出場校が出揃う

【高校野球】 秋の王者は? 作新、履正社、仙台育英、早実…明治神宮大会出場校が出揃う

各地区で行われていた秋季高校野球が6日の中国大会の決勝戦をもって全て終了。秋の全国王者を決める明治神宮大会(11月11日開幕)の出場校が全て出そろった。

full-count18

11月11日に開幕、初戦の対戦カードは?

 各地区で行われていた秋季高校野球が6日の中国大会の決勝戦をもって全て終了。秋の全国王者を決める明治神宮大会(11月11日開幕)の出場校が全て出そろった。

 最後に出場を決めたのは、山口1位の宇部鴻城。決勝では13-2で広島3位の市立呉を破り、2年ぶり2度目の優勝を飾った。勝利した宇部鴻城は北海道地区代表の札幌第一と対戦することが決まった。

 今夏、全国制覇を果たした作新学院や清宮擁する早稲田実、プロ注目の内野手・西巻が引っ張る仙台育英、左の大砲・安田が主軸の履正社、こちらもプロ注目の西浦がいる明徳義塾など注目の高校が顔をそろえ、頂点を目指していく。

 各校の初戦の対戦カードは以下の通り

A作新学院(関東地区代表/栃木)-明徳義塾(四国地区代表/高知)

Aの勝者-福岡大大濠(九州地区代表/福岡)

静岡(東海地区代表)-早稲田実業(東京地区代表)

B履正社(近畿地区代表/大阪)-仙台育英(東北地区代表/宮城)

Bの勝者-福井工大福井(北信越地区代表/福井)

札幌第一(北海道地区代表/北海道)-宇部鴻城(中国地区代表/山口)

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング