野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン小久保監督、大谷を5番起用も 山田は「4試合の間に三塁で使う」

メキシコとオランダ代表を迎える強化試合(10~13日、東京ドーム)へ向けた侍ジャパンの練習が6日からQVCマリンで始まり、小久保裕紀監督は4試合の先発投手を明らかにした。

20161106_yamada

強化試合へ向けて練習がスタート、4試合の先発投手も明らかに

 メキシコとオランダ代表を迎える強化試合(10~13日、東京ドーム)へ向けた侍ジャパンの練習が6日からQVCマリンで始まり、小久保裕紀監督は4試合の先発投手を明らかにした。10日のメキシコ戦はソフトバンク武田、11日のメキシコ戦は広島野村、12日のオランダ戦はロッテ石川、13日のオランダ戦はDeNA石田になるという。

山本昌氏が見る侍ジャパン強化試合メンバー「僕は過去最強だと思う」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 また、日本ハム大谷に関しては、この強化試合は打者で使うことを明らかにしているが、フェンス越え7本の打撃練習を見て改めてバッティングの凄さを実感した様子。「日本を代表する長距離砲とも遜色がない打球を飛ばしていた。(WBC本大会の)本番を見据えれば、投手起用がメインになり、オーダーを固定したところで来年には繋がらないが…」と前置きしながらも、起用法について言及した。

 打順のポイントは1番と4番の後に誰を打たせるか。4番は筒香、中田以外にないと明言しているものの、「プレミアでも筒香の後がポイントだった」と大谷の5番起用も選択肢に入れている。さらには、ヤクルト山田を「4試合の間にサードで使ってみようと思っている」と明言。理想のオーダーについては「何パターンかあるが(4番の後を含めて)誰が適任なのか見据えていきたい」と練習で見極める方針を明らかにした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング