野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 侍ジャパン
  • U-23代表
  • 【U-23W杯】侍ジャパンが初代王者に輝く! 決勝で豪州に逆転勝利、真砂&廣岡が特大弾

【U-23W杯】侍ジャパンが初代王者に輝く! 決勝で豪州に逆転勝利、真砂&廣岡が特大弾

メキシコで開催中の「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は6日(日本時間7日)に大会最終日を迎え、日本はオーストラリアと決勝戦で対決。10-3で快勝し、大会初代王者に輝いた。

20161107_masago

救援の大野→本田→岸本→歳内が無失点リレー、真砂が大会の初代MVP

 メキシコで開催中の「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は6日(日本時間7日)に大会最終日を迎え、日本はオーストラリアと決勝戦で対決。10-3で快勝し、大会初代王者に輝いた。日本からはベストナインに大会最多4本塁打の真砂(ソフトバンク)と武田(オリックス)の2人が選出。真砂は大会の初代MVPに輝いた。

山本昌氏が見る侍ジャパン強化試合メンバー「僕は過去最強だと思う」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 日本の先発を任されたのは、左腕・笠原(ソフトバンク)。オープニングラウンド5戦目だった1日(同2日)オーストラリア戦にも先発し、6回2/3を投げて5安打9奪三振2失点で勝利投手となっていた。笠原は2回までは無失点に抑えたが、3回に先頭から2連打で無死二、三塁とすると、1死後に右前に適時打を運ばれ、2点を失った。さらに、4回先頭シェパードに左中間へ特大ソロを運ばれたところで無念の降板。マウンドを2番手・大野(MHPS横浜)に託した。

 大野は1死から中前打を許すも無失点に抑える好救援で、オーストラリアの勢いを止めた。

 すると、4回の攻撃で打線が活気を取り戻した。1死から2番・植田(阪神)が敵の失策で出塁すると、続く乙坂(DeNA)の右前打で一、二塁。真砂が死球を選んで1死満塁の絶好機を作り、5番・山下(DeNA)の打球を相手一塁手がグラブで弾く失策で一気に2点を返した。なおも1死一、三塁で6番・三好(楽天)がレフトへ同点犠飛。続く吉持(楽天)が四球で2死一、二塁として、柿沼(ロッテ)の左前打で二塁走者の山下が一気に勝ち越しのホームを踏んだ。

人気記事ランキング