野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 侍ジャパン
  • U-23代表
  • 【U-23W杯】攻守のキーパーソンとなった真砂がMVP 金メダルは「すごく重たいです」

【U-23W杯】攻守のキーパーソンとなった真砂がMVP 金メダルは「すごく重たいです」

侍ジャパンU-23代表が見事、初代王者となった「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」。大会MVPに輝いたのは、不動の4番・真砂勇介(ソフトバンク)だった。打率.419、4本塁打、14打点と大活躍。7四球を選んだこともあり、出塁率は実に.525という驚きの数字だった。

20161107_masago

打率.419&出塁率.525の好成績、勝負強さでも優勝に牽引

 侍ジャパンU-23代表が見事、初代王者となった「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」。大会MVPに輝いたのは、不動の4番・真砂勇介(ソフトバンク)だった。打率.419、4本塁打、14打点と大活躍。7四球を選んだこともあり、出塁率は実に.525という驚きの数字だった。

山本昌氏が見る侍ジャパン強化試合メンバー「僕は過去最強だと思う」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 オープニングラウンドでは5戦全戦で安打と打点を記録したばかりか、勝負強さも発揮した。今大会初めて先制点を許した3試合目のアルゼンチン戦では、3回2死二塁から同点弾を放ち、チームに勝機を呼び込んだ。5日目のオーストラリア戦では、初回2死二塁から左翼線へ先制二塁打を放ち、先発を務めたソフトバンクのチームメイト、笠原大芽を援護。笠原は「ホークスでもあいつがよく打ってくれて助かっている。頼りがいのあるチームメイトだと思っています」と、世界の舞台に立っても変わらず仕事を果たす真砂に全幅の信頼を寄せていた。

 グループB1位通過で進んだスーパーラウンドでは、初戦の韓国戦で1点を追う7回に3号ソロを放って同点。延長10回タイブレークでの劇的な勝利を引き寄せた。日本が唯一の黒星を喫したパナマ戦こそ無安打に終わったが、1回守備で“強肩発動”。レフトからホームへの好送球で初回の失点を防いでいた。決勝進出のかかったスーパーラウンド3戦目メキシコ戦では、同点で迎えた9回無死一塁で回った打席で、きっちり送りバントを決めて、サヨナラ劇につなげた。攻守のキーポイントとなる場面には、必ずと言っていいほど真砂の姿があった。

人気記事ランキング