野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • FA宣言のホークス森福、年俸1億円超えも“お買い得”なワケ

FA宣言のホークス森福、年俸1億円超えも“お買い得”なワケ

11月4日、ソフトバンクの森福允彦投手(30)が、今季中に取得していた国内フリーエージェント(FA)権を行使することを表明した。球団事務所のあるヤフオクドームに、代理人を伴って訪れると、FA申請の書類を提出した。

20161104_morifuku

争奪戦の可能性も? “1億円選手”森福は他球団にとってなぜ“お得”なのか

 11月4日、ソフトバンクの森福允彦投手(30)が、今季中に取得していた国内フリーエージェント(FA)権を行使することを表明した。球団事務所のあるヤフオクドームに、代理人を伴って訪れると、FA申請の書類を提出した。

「本日FA権の申請を球団に提出させてもらいました。他球団の話を聞いて、どう評価されているか聞いてみたく、こういう形になった」と語った森福は07年に大学・社会人ドラフト4位でシダックスからソフトバンクに入団。11年からは4年連続で50試合以上に登板し、貴重な中継ぎ左腕として活躍した。13年には日本代表としてワールドベースボールクラシックにも出場。昨季は不振に陥り、32試合登板に終わったが、今季は2年ぶりとなる50試合に登板。2勝1敗16ホールド、防御率2.00の成績をマークした。

 左サイドスローの変則左腕は今季の推定年俸1億2000万円。決して低くない年俸ながら、市場では“お得感”を持たれ、複数球団が興味を示しているといわれる。他球団との交渉が解禁となる11日から争奪戦がスタートしそうである。

 しかし、森福は球界でも数少ない1億円プレーヤーであるにもかかわらず、なぜ“お得”なのか。そこには、FA市場でのルールが関わってくる。

人気記事ランキング