野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュ、田中も獲得候補か 世界一カブス、来オフは投手獲得に本腰!?

今季のメジャーリーグで108年ぶりの世界一に輝いたカブス。主力の多くは若手で、このまま黄金期に突入しそうな気配だ。ただ、米メディアから「唯一の弱点」と指摘されているのが先発投手陣。エース左腕のジョン・レスター、最優秀防御率に輝いたカイル・ヘンドリックス以外は来オフ以降の去就が流動的で、数年後も盤石の体制を維持するためには補強が必要となるとされている。

20161107_darvish_tanaka

108年ぶりWS制覇のカブス、黄金期へ「先発投手陣が唯一の弱点」?

 今季のメジャーリーグで108年ぶりの世界一に輝いたカブス。主力の多くは若手で、このまま黄金期に突入しそうな気配だ。ただ、米メディアから「唯一の弱点」と指摘されているのが先発投手陣。エース左腕のジョン・レスター、最優秀防御率に輝いたカイル・ヘンドリックス以外は来オフ以降の去就が流動的で、数年後も盤石の体制を維持するためには補強が必要となるとされている。

侍ジャパン敗戦の中、光を放った鈴木 代表デビュー戦で初安打「積極的にいけた」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 ESPNでは、「カブス王朝の希望は投手陣の決断にかかっている」と題した特集記事を掲載。執筆した敏腕記者のバスター・オルニー氏は先発投手獲得の必要性を訴えているが、補強候補の中にダルビッシュ有投手(レンジャーズ)、田中将大投手(ヤンキース)の名前も登場する。

 オルニー記者はまず、20代の若手が多いカブスの野手陣は、他球団と比較しても強力な戦力が揃っていると指摘。その上で、投手陣については以下のように言及している。

「カブスがナ・リーグでは70年代にビッグ・レッド・マシーンと形容されたレッズ以来となる王朝を築くかどうかは、これから18か月間、どのような投手陣を編成するかにかかっている。もし中地区の他球団がカブスについて考えた時、先発投手陣が唯一の弱点と言えるだろう」

 そして、現在の先発投手陣の状況について解説。「防御率1位のヘンドリクスは26歳と若く、1月に33歳となるレスターにも衰えの兆しは見えない」。記事では、レスターについては“専属捕手”のデビッド・ロスが現役引退したことで新たな捕手に適応する必要があるとも触れているが、2投手は安泰と言えそうだ。

人気記事ランキング