野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「世界一」侍ジャパンU-23代表のもう1人のMVP 本田圭佑が見せた存在感

メキシコで開催された「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は6日(日本時間7日)、決勝戦で日本がオーストラリアに10-3と圧勝し、初代王者に輝いた。大会MVPには4番・真砂勇介(ソフトバンク)が選ばれたが、その真砂と同じくらいマウンド上から優勝に貢献したのが、本田圭佑(西武)だった。

20161108_honda

大事な初戦と韓国戦で先発して2勝&決勝戦は2回6者凡退の完璧救援

 メキシコで開催された「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は6日(日本時間7日)、決勝戦で日本がオーストラリアに10-3と圧勝し、初代王者に輝いた。大会MVPには打率.419、出塁率.525、4本塁打、14打点と大暴れした4番・真砂勇介(ソフトバンク)が選ばれた。だが、その真砂と同じくらいマウンド上から優勝に貢献したのが、本田圭佑(西武)だった。

強化試合に挑む侍ジャパン 小久保監督の言葉から読み解くポイントは?(投手編)(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 今大会で本田が登板したのは3試合。開幕戦のニカラグア戦、スーパーラウンド初戦の韓国戦の2戦で先発し、決勝オーストラリア戦では2イニングを救援登板した。ニカラグア戦では7回を2安打無失点に抑え、チームの初戦白星スタートに貢献。韓国戦では、白熱した試合展開の中、ソロ被弾で1失点したが、8回を4安打1失点とし、タイブレークでの劇的勝利につないだ。先発した試合はいずれもラウンド初戦で、その後につながるチームの勢いを決める大事な一戦。斎藤監督が「まったく寄せ付けなかったね」と絶賛した投球での勝利は、単なる2勝以上の重みを持った。

 そして、迎えた決勝オーストラリア戦。先発した笠原大芽(ソフトバンク)は4回途中3失点で降板したが、直後の攻撃で相手のミスに乗じた打線が逆転に成功、1点を勝ち越した。虎の子の1点を守り抜くため、指揮官が6回から投入したのが、韓国戦から中2日の本田だった。

 前回登板では127球を投げていただけに、斎藤監督は「本当は安樂、本田は使いたくなかった」と話したが、オーストラリア打線の打ち気を削いで反撃の芽を摘みたい事情もある。やはり抜群の安定感を誇る本田に頼らざるを得なかった。

人気記事ランキング