野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 【高校野球】プロ注目の好投手&強打者がズラリ…11日開幕“選抜前哨戦”で輝く選手は?

【高校野球】プロ注目の好投手&強打者がズラリ…11日開幕“選抜前哨戦”で輝く選手は?

各地区で行われていた秋季高校野球が6日の中国大会の決勝戦をもって終了。秋の全国王者を決める明治神宮大会(11月11日~・神宮球場)の出場校が出揃った。

11日開幕明治神宮大会高校の部、注目選手は?

 各地区で行われていた秋季高校野球が6日の中国大会の決勝戦をもって終了。秋の全国王者を決める明治神宮大会(11月11日~・神宮球場)の出場校が出揃った。

 北海道地区からは札幌第一が2年連続で出場する。4番の高階成雲外野手を中心とした打線で、今夏の南北海道大会準決勝で敗れた札幌日大を決勝で下し、優勝。夏の甲子園で準優勝した北海に続き、全国の舞台で北海道旋風を巻き起こせるか。エース左腕の冨樫颯大投手、決勝戦で146球を投げた前田剛志投手が投手陣の柱。昨年は元横浜野球部長の小倉清一郎氏が臨時コーチを務めるなどして強化され、2年連続での明治神宮大会の出場となる。

 東北大会では名門の仙台育英が2年ぶり9度目の優勝を決め、全国大会に出場する。プロ注目の主将で1番の西巻賢二内野手、左腕の長谷川拓帆がチームの中心。西巻は決勝戦も強豪の盛岡大付に対して、好打と盗塁を決め、チームを牽引。165センチと大きな選手ではないが、スピードや守備の軽快さなど、センスを感じさせる。楽天ジュニアに所属していたこともあった。西巻同様に楽天ジュニアの経験のある長谷川はエースナンバーこそ背負っていないが、主戦投手。140キロの直球を武器にスライダー、チェンジアップを駆使。オリックスに昨年のドラフトで入団した佐藤世那投手の弟・令央投手と投手陣を引っ張る。

 関東地区からは今夏の甲子園王者の作新学院がやってくる。東海大市原望洋(千葉)を5-1で下し、38年ぶり5度目の優勝。今井達也からエースの座を受け継いだ左腕の大関秀太郎投手が3試合連続で完投勝利。決勝も5安打1失点の力投。今夏背番号15をつけて甲子園に出場した添田真聖内野手が主将になった。兄・真海も同校の甲子園出場メンバー。チームが変わってもしぶとい作新野球を継承し、夏に続き、全国制覇を目指す。

人気記事ランキング