野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • パ・リーグGG賞の受賞者一覧 2016年は全球団から選出、各選手の特徴は?

パ・リーグGG賞の受賞者一覧 2016年は全球団から選出、各選手の特徴は?

11月8日、2016年度の三井ゴールデン・グラブ賞の受賞者が発表された。今年はパ・リーグのどの選手が選出されたのか。2016年度の三井ゴールデン・グラブ賞の受賞者全員をここで改めて詳しくご紹介したい。

日ハム3人、SB三遊間、「超人」も…パの2016年度GG受賞者を改めて紹介

 11月8日、2016年度の三井ゴールデン・グラブ賞の受賞者が発表された。1972年にダイヤモンドグラブ賞としてスタートしたこの賞は、プロ野球を担当する記者がポジションごとに最も守備力が高いと評価した選手を投票で選出。歴代受賞者はいずれも「守備の名手」と呼ばれるような名だたる選手が受賞しており、今年度の受賞選手にも注目が集まった。

 今年はパ・リーグのどの選手が選出されたのか。2016年度の三井ゴールデン・グラブ賞の受賞者全員をここで改めて詳しくご紹介したい。

【投手】
◯涌井秀章(千葉ロッテ)2年連続4度目

 投手部門で権威ある受賞を果たしたのは千葉ロッテ・涌井投手。素早い動きで走者を釘付けにするけん制に加え、フィールディングのうまさも武器の一つ。「守備に関して重点的に意識して、心がけている」と話し、受賞を喜んだ。「この先、引退まで獲得し続けられるように頑張ります」と来季以降の守備での活躍を誓った。

【捕手】
◯大野奨太(北海道日本ハム)初受賞

 捕手としてはリーグトップの刺殺数714が示しているように、シーズン通して本塁を守り抜いた。選手会長、主将としてチームを牽引。盗塁阻止率は.310を記録し、今季の盗塁王に輝いた糸井、金子侑の脚力を封じる場面はファンを大いに沸かせた。また、堅実なプレーで投手陣の信頼を獲得し、チームを10年ぶりの日本一に導いたことも評価され、自身としてもうれしいタイトル初受賞となった。

人気記事ランキング