野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 25年ぶりVの広島からは最多4選手がGG受賞 名手・菊池はMVPも有力候補か

25年ぶりVの広島からは最多4選手がGG受賞 名手・菊池はMVPも有力候補か

2016年度の三井ゴールデン・グラブ賞が8日、発表され、25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島からは球団別最多の4選手が選ばれた。

20160808_ishihara

37歳の石原は悲願の初受賞

 2016年度の三井ゴールデン・グラブ賞が8日、発表され、25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島からは球団別最多の4選手が選ばれた。

○捕手・石原慶幸 初受賞 失策1 捕逸4 守備率.998

 25年ぶりの優勝に貢献したベテランが37歳で悲願の初受賞。豊富な経験に裏打ちされたリードは投手陣から絶大な信頼を寄せられている。やや伸び悩んでいた野村を完全に一本立ちさせた立役者でもある。今季で3年契約が切れるが、存在感は年々増している。

○二塁手・菊池涼介 4年連続4度目 失策4 守備率.995

 得票率97パーセントはセ・パ全ポジションで最高。もはや説明不要の球史に残る二塁手だ。打球方向を予測した大胆な守備位置。驚異的な守備範囲の広さ。肩の強さも折り紙付き。何度もヒットをアウトにしてきた。MVPの有力候補にもあがるが、どうなるか。

人気記事ランキング