野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 新たな韓国人メジャーリーガー誕生か 昨オフ入札なしの野手が移籍再挑戦へ

新たな韓国人メジャーリーガー誕生か 昨オフ入札なしの野手が移籍再挑戦へ

韓国球界から今季もメジャー球団に移籍する選手が現れる可能性を米メディアが報じている。米移籍情報サイト「トレード・ルーモア」がロッテジャイアンツの黄載鈞(ファン・ジェギュン)内野手が今オフに渡米する可能性をレポートしている。

20161109_hwang-jae-gyun2

昨オフにポスティングも入札なし、黄載鈞が再びメジャー移籍目指す

 韓国球界から今季もメジャー球団に移籍する選手が現れる可能性を米メディアが報じている。米移籍情報サイト「トレード・ルーモア」がロッテジャイアンツの黄載鈞(ファン・ジェギュン)内野手が今オフに渡米する可能性をレポートしている。

 黄は昨年の世界野球「プレミア12」に出場。韓国代表の優勝に貢献し、三塁手としてベストナインに選ばれた。その後、ポスティングでのメジャー移籍を目指したが、入札がなく断念。しかし今オフもメジャー挑戦を目指すという。

 米テレビ局「FOXスポーツ」の名物記者、ジョン・モロシ氏が29歳内野手の渡米の可能性をレポート。これを受け、「トレード・ルーモア」は「11月21日、韓国の黄載鈞三塁手がフロリダで、獲得に興味を抱いている球団を対象にショーケースを行う予定だ」と伝えた。

 昨年は入札に至らなかったが、記事は黄が今季韓国球界で好成績を収めたことを紹介。打率.335、27本塁打、113打点をマークしており、「今冬、三塁手としては比較的低コストの選択肢となるだろう」と報じている。

人気記事ランキング