野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン山田、三塁守備は「ミスしないように」 「走攻守全てで活躍を」

野球日本代表「侍ジャパン」は9日、強化試合メキシコ戦(10、11日)、オランダ戦(12日、13日)に向けて東京ドームで前日練習を行った。中軸を任されることが予想されるヤクルトの山田哲人内野手は「走攻守の全てで活躍できるように頑張りたい」と誓った。

20161109_yamada

強化試合のどこかで三塁を守る予定、「とにかく勝ちにこだわる」

 野球日本代表「侍ジャパン」は9日、強化試合メキシコ戦(10、11日)、オランダ戦(12日、13日)に向けて東京ドームで前日練習を行った。中軸を任されることが予想されるヤクルトの山田哲人内野手は「走攻守の全てで活躍できるように頑張りたい」と誓った。

 この日はキャッチボール、投内連携、フリー打撃など約2時間、汗を流した侍ナイン。山田は練習終了後、来年3月の第4回WBCに向けて最後の強化試合となる4試合へ「とにかく勝ちにこだわって、チーム一丸となって勝利したいと思います」と意気込んだ。

 ヤクルトでは史上初となる2年連続トリプルスリーを達成。今や侍ジャパン打線に欠かすことの出来ない選手になった。中心メンバーとして、チームを牽引する働きが求められるが、「個人としてもしっかりと結果を出して、日の丸を背負うことですごいプレッシャーもかかるので、そのプレッシャーの中でしっかり結果を出したいと思います。やることは変わらないので、周りを見られるように。余裕を持つのは難しいかもしれませんが、しっかり状況判断してプレーしたいと思います」と、その言葉には自覚が漂う。

 同じ二塁には4年連続ゴールデン・グラブ賞に輝いた菊池涼介(広島)がいるため、小久保裕紀監督はこの4試合のどこかで山田にサードを守らせることも明かしている。6日に侍ジャパンの練習が始まってからは、ノックやシート打撃で三塁の守備位置にも入った。

人気記事ランキング