野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 【高校野球】11日開幕の明治神宮大会高校の部、激突する東西のスラッガーの共通点

【高校野球】11日開幕の明治神宮大会高校の部、激突する東西のスラッガーの共通点

11日からは第47回明治神宮大会が開幕する。大学の部では明治大の柳裕也、桜美林大の佐々木千隼ら今秋のドラフトで指名を受けた選手も多く出場。高校の部では来秋のドラフト上位候補の早実・清宮幸太郎内野手、履正社・安田尚憲内野手(ともに2年)という東西を代表するスラッガーに注目が集まる。

20161020_kiyomiya

注目される2人のスラッガー、早実・清宮と履正社・安田

 11日からは第47回明治神宮大会が開幕する。大学の部では明治大の柳裕也、桜美林大の佐々木千隼ら今秋のドラフトで指名を受けた選手も多く出場。高校の部では来秋のドラフト上位候補の早実・清宮幸太郎内野手、履正社・安田尚憲内野手(ともに2年)という東西を代表するスラッガーに注目が集まる。新チームで3番を務める2人の左打者。各地区の大会では相手チームの徹底マークにあい、本来の打撃は影を潜めたが、全国の舞台で大暴れすることができるか。

 清宮は1年夏の甲子園以来の全国大会。これまで高校通算の本塁打はなんと74本。184センチ、97キロの恵まれた体格から繰り出される打球はまるでピンポン球のように飛んでいく。安田は今夏の甲子園、国体に続いての全国大会。こちらも188センチ、92キロと大きな体から力強い打球を放つ。ともに憧れは、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜選手。目指すは球界屈指の左のスラッガーだ。

 清宮は東京大会の序盤戦で本塁打を量産も、準々決勝の関東一戦では公式戦初の無安打。四死球が得点につながったが、本調子とは言い難かった。決勝の日大三戦では5打席連続三振。「自分の結果が出ず、周りに助けられました。調子がずっと良くなくて。でも切り替え、チームメートに声をかけられた」と仲間に感謝しきりだった。ただ、終盤は本塁打を打つことはできなかったが、主将としては満点に近いリーダー性を発揮していたのが優勝の大きな要因となった。

人気記事ランキング