野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハムは6選手が引退&戦力外 2人は球団スタッフに、1人は消防庁採用試験へ

日ハムは6選手が引退&戦力外 2人は球団スタッフに、1人は消防庁採用試験へ

栗山英樹監督の下、打倒・ソフトバンクを掲げた日本ハム。一時は最大11.5ゲーム差をつけられながら15連勝などで大逆転し、87勝53敗3分けで4年ぶりのリーグ制覇を達成した。さらに、広島との日本シリーズも2連敗後に4連勝。10年ぶりの日本一をつかんだ。

full-count10

ダルビッシュと「ダブルエース」だった左腕が引退

 栗山英樹監督の下、打倒・ソフトバンクを掲げた日本ハム。一時は最大11.5ゲーム差をつけられながら15連勝などで大逆転し、87勝53敗3分けで4年ぶりのリーグ制覇を達成した。さらに、広島との日本シリーズも2連敗後に4連勝。10年ぶりの日本一をつかんだ。

 今オフはベテラン、兼任コーチら6選手がユニホームを脱ぐこととなった。通算82勝を挙げて4度のリーグ優勝、06年の日本一に貢献した武田勝、そして捕手兼2軍バッテリーコーチ補佐だった米野智人は現役引退。同じく引退する須永英輝、大塚豊は球団スタッフに転身し、荒張裕司は消防士試験を受験するという。金平将至は12球団合同トライアウトを受験する予定だ。

 ここで引退、戦力外となった主な選手を振り返ってみたい。

◯武田勝(引退)
プロ11年目。通算244試合登板、82勝61敗1セーブ15ホールド、防御率3.02

 社会人野球・シダックスから2005年大学生・社会人ドラフト4巡目、28歳で日本ハム入り。球を一瞬持ちかえるようにして投げる変則的な投球フォームから130キロ前後の球速で打者を手玉に取る投球術を見せ、09年から4年連続の2桁勝利をマーク。ダルビッシュと共に「ダブルエース」と呼ばれ、13年には開幕投手を務めた。

◯須永英輝(戦力外→引退)
プロ13年目。通算30試合登板、0勝3敗2ホールド、防御率7.71

 03年ドラフト前に巨人入りを熱望したが、日本ハムが2巡目で強行指名。熟考後に入団を決めた。1年目の04年に1軍デビュー、イースタン最多勝を獲得して将来を期待されたが、2年目以降は制球難に悩まされた。10年11月にオビスポとの交換トレードで紺田敏正とともに巨人移籍。12年に左肘を手術した。巨人では14年の1試合登板のみで、15年に北篤、矢貫俊之との交換トレードで矢野謙次と共に日本ハムへ4年半ぶりの復帰。戦力外通告を受け、今後は球団スタッフに転身する。

人気記事ランキング