野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

敗戦の中で筒香が強烈な存在感 敵将も称賛「いいスイングだった」

侍ジャパンとの初戦に7-3で勝利したメキシコ代表のエドガー・ゴンザレス監督が筒香嘉智(DeNA)を称賛した。

20161111_tsutsugo

侍ジャパンに初戦勝利のメキシコ監督「できるだけこまめに投手を交代した」

 侍ジャパンとの初戦に7-3で勝利したメキシコ代表のエドガー・ゴンザレス監督が筒香嘉智(DeNA)を称賛した。

山本昌氏が見る侍ジャパン強化試合メンバー「僕は過去最強だと思う」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 試合後、印象に残った選手を問われた指揮官は「筒香がいい試合をしていた。大きな二塁打が印象的だった。左腕を相手にいいスイングだった」と話し、侍ジャパンの5番を務めた24歳を高く評価。筒香は初回、1死満塁の場面で押し出し四球を選ぶと、5回の第3打席ではフェンス上段に直撃する同点タイムリー二塁打を放っていた。この日は2打数1安打2四球2打点と活躍。しかし打線全体では5安打3得点でメキシコに屈する結果となった。

 また8回2死二塁で代打で登場し、三振に倒れた大谷翔平(日本ハム)について、ゴンザレス監督は「1打席で結果を出すのは難しい。打てなくてもいい打者。今日はスタメンじゃなくてよかった」と話した。

「日本に投手をあまり研究されたくなかった。アジャストされる前に、できるだけこまめに投手を交代するようにした」

 そう勝因を振り返った敵将は「たまたま今日はうまくいったが、明日同じ作戦で勝てるとは思わないので、違う手でいきたい」と11日の第2戦を見据えていた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング