野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

V奪還目指すSBに新たな外野手候補 世界大会MVPの22歳は柳田に続く存在に?

来季のV奪還を狙うソフトバンクに、楽しみな若武者が現れた。真砂勇介、22歳。12年のドラフトで4位指名を受けた外野手が、柳田悠岐、中村晃といった侍ジャパンが顔をそろえる外野手の、来季の定位置争いに割って入ってくるかもしれない。

20161111_masago

U-23W杯で侍ジャパンを初代王者に導く活躍、ホークス真砂勇介が示した可能性

 来季のV奪還を狙うソフトバンクに、楽しみな若武者が現れた。真砂勇介、22歳。12年のドラフトで4位指名を受けた外野手が、柳田悠岐、中村晃といった侍ジャパンが顔をそろえる外野手の、来季の定位置争いに割って入ってくるかもしれない。

侍ジャパン強化試合は13日が最終戦 打線を固める材料は得られるか(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 10月28日からメキシコで行われた「U-23 ベースボール ワールドカップ」。侍ジャパンU-23代表の一員として、大会に参加した真砂は大会MVPに輝く活躍で、チームを第1回大会での世界一に導いた。

 初戦のニカラグア戦で4番として起用されると、いきなり3打数2安打1打点2得点。2戦目のチャイニーズ・タイペイ戦では5打数4安打(3二塁打)4打点で大勝に貢献。順調に勝ち進んだチームをバットで牽引し、決勝のオーストラリア戦では大会4本目となる本塁打を放った。

 大会を通じて、31打数12安打の打率3割8分7厘をマーク。大会トップとなる4本塁打、5二塁打を放ち、14打点も全体で2位の数字。大会ベストナインに選ばれ、文句なしのMVPを獲得した。

 京都市出身の真砂。京都府立西城陽高校時代は甲子園出場経験はなし。全国的には無名の存在だったが、高校通算52本塁打のパンチ力に加え、身体能力に秀でていることを評価され、ソフトバンクから4位指名を受けた。

人気記事ランキング