野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパンが初回に先制点 3番スタメンの大谷が痛烈二塁打&中田が適時打

野球日本代表「侍ジャパン」の強化試合・メキシコ戦が11日に東京ドームで行われ、「3番・DH」でスタメン出場した大谷翔平(日本ハム)が初回に二塁打を放った。

20161111_ohtani4

日本ハムのクリーンアップコンビで先制

 野球日本代表「侍ジャパン」の強化試合・メキシコ戦が11日に東京ドームで行われ、「3番・DH」でスタメン出場した大谷翔平(日本ハム)が初回に二塁打を放った。

侍ジャパン敗戦の中、光を放った鈴木 代表デビュー戦で初安打「積極的にいけた」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 大谷は2死走者なしで打席へ。相手先発左腕・ロドリゲスに対して、フルカウントから6球目をレフト線へ運び、痛烈なライナーで二塁打とした。さらに、続く中田はフルカウントから右翼線へフライを打ち上げたが、これがフェアゾーンのギリギリに落ちるラッキーなタイムリーに。日本ハムのクリーンアップコンビで侍ジャパンが先制に成功した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング