野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 中日の戦力支える外国人 今季の8人の明暗と今後の補強ポイントは?

中日の戦力支える外国人 今季の8人の明暗と今後の補強ポイントは?

活躍が際立ったのは来日1年目のダヤン・ビシエド外野手だ。メジャー通算66発の大砲は、新外国人選手ではプロ野球史上初の開幕から3戦連発の鮮烈デビュー。3・4月の月間MVPも獲得した。交流戦以降は好不調の波が激しかったものの、4番として119試合に出場。チームトップの22本塁打を放った。

20161112_helnandez

最下位沈んだ中日、ビシエドは鮮烈デビューも不発に終わった助っ人も

 活躍が際立ったのは来日1年目のダヤン・ビシエド外野手だ。メジャー通算66発の大砲は、新外国人選手ではプロ野球史上初の開幕から3戦連発の鮮烈デビュー。3・4月の月間MVPも獲得した。交流戦以降は好不調の波が激しかったものの、4番として119試合に出場。チームトップの22本塁打を放った。

 投手では、2人の左腕が先発ローテを支えた。来日1年目の左腕ジョーダン・ノルベルト投手は開幕から主に先発で登板を重ね、22試合で6勝6敗と奮闘。左肩痛で出遅れた2年目のラウル・バルデス投手も復帰した5月から中4、5日の登板もいとわずフル回転し、20試合で6勝7敗の成績を残した。

 ただ、先発が健闘した一方、救援ではシーズン通して戦力になれなかった。抑え候補として期待されたファン・ハイメ投手は来日時点で右肩を痛めていたのが響き、1軍登板なし。6月に途中加入した左腕のレイソン・セプティモ投手も3試合に登板しただけで、存在感を放てなかった。

人気記事ランキング