野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン、4番中田の三ゴロで先制 1番秋山、2番菊池がチャンスメーク

野球日本代表「侍ジャパン」は12日、オランダ代表との強化試合に臨み、3試合連続「4番・一塁」で先発した中田翔内野手(日本ハム)の内野ゴロの間に1点を先制した。

20161112_nakata2

中田は3試合連続で4番スタメン

 野球日本代表「侍ジャパン」は12日、オランダ代表との強化試合に臨み、3試合連続「4番・一塁」で先発した中田翔内野手(日本ハム)の内野ゴロの間に1点を先制した。

侍ジャパンがメキシコ代表に快勝 「ターニングポイント」は大谷翔平の内野安打(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 日本は初回、先頭の秋山が左前打で出塁。菊池への2球目で二盗を決めた。菊池は続く3球目で一塁方向へセーフティーバント。ヘッドスライディングで無死一、三塁とチャンスを広げた。

 3番・坂本は浅い右飛で1アウト。左手首痛を押して出場している中田は2ボールから3球目を打って三ゴロに倒れたが、秋山が生還。日本に先制点が入った。続く筒香はいい当たりのライナーだったが、右翼手が捕球して追加点とはならなかった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング