野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン初選出の左腕・石田、初回に2失点 四死球でピンチ招く

野球日本代表「侍ジャパン」は13日、東京ドームでオランダ代表との強化試合に臨み、初回に先発の石田健大(DeNA)が2失点を喫した。

20161113-samurai2

痛烈な打球を三塁・松田が捕球できずタイムリーに

 野球日本代表「侍ジャパン」は13日、東京ドームでオランダ代表との強化試合に臨み、初回に先発の石田健大(DeNA)が2失点を喫した。

世界各国の戦力拮抗が見えた強化試合 侍ジャパン小久保監督「去年から感じていた」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 石田は先頭のガリアに四球、J・B・プロファーには死球で一、二塁のピンチを招くと、3番デカスターにはセンター前に運ばれ先制点を献上した。サムスは右飛、ザラーガは二飛に打ち取ったものの、続くリカルドの痛烈な打球を三塁・松田が捕球できず。記録はヒットで、ボールが左翼ファウルゾーンに転がる間に2点目を失った。

 日本代表初選出の石田にとっては、厳しいスタートとなった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング