野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン、初選出の若手左腕2人で5回まで大量8失点 田口は3ラン浴びる

野球日本代表「侍ジャパン」の田口麗斗投手(巨人)が13日、東京ドームでの強化試合・オランダ戦に2番手で登板し、特大の3ランなど2イニング目までに4点を失った。

20161113_taguchi

5回は暴投2つの後に被弾、石田も3回4失点と苦戦「今後に活かしたい」

 野球日本代表「侍ジャパン」の田口麗斗投手(巨人)が13日、東京ドームでの強化試合・オランダ戦に2番手で登板し、特大の3ランなど2イニング目までに4点を失った。

メジャー通算434発・元東北楽天AJが大谷のパワー絶賛も「個人的には投手が…」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 田口は2点ビハインドの4回から登板。しかし、いきなり連打を許すと、四球も挟んで1死満塁として、デカスターにセンターへの犠飛を許した。さらに、2イニング目の5回は先頭ザラーガにレフト前ヒット。暴投で二塁に進めると、リカルドは四球で無死一、二塁とされた。

 その後、1死としてからこの回2つ目の暴投で二、三塁として、スコープには直球を左中間スタンドへ叩き込まれ、痛恨の3ラン被弾で4失点目。先発・石田も4失点と苦しみ、降板後には「最初は緊張もあり点を取られてしまいました。誰もが投げられるわけではないマウンドで、良い経験ができました。一番良いのは結果が出ることですが、この経験を今後に活かしていきたいです」とコメント。代表初先発の若手左腕2人で5回までに計8失点と打ち込まれている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング