野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

特大ソロ、天井二塁打、好走塁…大暴れの大谷翔平、来春WBCへ「いい経験」

13日のオランダ戦で衝撃の“天井二塁打”を放った侍ジャパンの大谷翔平が強化試合4試合について「いい経験になった」と手応えを口にした。

20161113_ohtani4

天井二塁打に「打った瞬間の飛距離は十分」

 13日のオランダ戦で衝撃の“天井二塁打”を放った侍ジャパンの大谷翔平が強化試合4試合について「いい経験になった」と手応えを口にした。

メジャー通算434発・元東北楽天AJが大谷のパワー絶賛も「個人的には投手が…」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 この日ベンチスタートとなった大谷は6点を追う7回に先頭・大野の代打で登場。141キロの直球をフルスイングすると、高々と上がった打球は東京ドームの天井の隙間に吸い込まれ、そのまま落ちてこなかった。

 ダイヤモンドを一周したが、審判団の協議の結果、二塁打に。侍ジャパンはこの一打をきっかけにこの回一挙6得点で同点とし、延長10回に鈴木(広島)の勝ち越し満塁弾で競り勝った。

 試合後、大谷は「(打席では)出塁することだけ考えた。それだけです」と振り返り、「打球は見えてました。打った瞬間の飛距離は十分。きれるかと思ったが、グラウンドインだったのでヒットだと思った。一応ホームまで走りましたけど。いい状態で打席に入れた」と充実の表情を浮かべた。

人気記事ランキング