野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 6人中5人が1軍デビューの中日新人 初白星に初アーチ、未来のエース候補も

6人中5人が1軍デビューの中日新人 初白星に初アーチ、未来のエース候補も

中日の新人は、ドラフト1位の小笠原慎之介投手を筆頭に、1軍の舞台で確かな一歩を刻んだ。入団直後に腰の手術で出遅れた6位の石岡諒太内野手を除き、野手2人はともに初本塁打を記録。投手3人もそれぞれ初白星を飾った。

20160819_ogasawara

ドラ1小笠原は高卒新人一番乗りで初勝利

 中日の新人は、ドラフト1位の小笠原慎之介投手を筆頭に、1軍の舞台で確かな一歩を刻んだ。入団直後に腰の手術で出遅れた6位の石岡諒太内野手を除き、野手2人はともに初本塁打を記録。投手3人もそれぞれ初白星を飾った。

 東海大相模高で夏の甲子園を制した小笠原は、春季キャンプからスロー調整を続け、交流戦開幕の5月31日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)でプロ初登板初先発。白星に恵まれない不運もあったが、9度目の先発となった9月4日の巨人戦(東京ドーム)で高卒新人一番乗りの初勝利を挙げた。15試合に登板し、2勝6敗。未来のエース候補としての素質を示した。

 2位の佐藤優投手もデビュー戦となった5月10日のDeNA戦(横浜)で初勝利。中日の新人でプロ初登板先発勝利は川上憲伸以来、18年ぶりだった。4位の福敬登投手は5月7日の巨人戦(東京ドーム)で先発投手のアクシデントを受け、1回1死から登板。5回まで1失点に抑えて白星を手に入れた。両投手は中継ぎでの登板も経験。使い勝手の良さが来季への武器にもなる。

 野手では、3位の木下拓哉捕手が8月7日のDeNA戦(横浜)で初安打が本塁打に。夏場に1軍初昇格した5位の阿部寿樹内野手も9月14日の巨人戦(ナゴヤドーム)で初アーチを放った。ともに大卒の社会人出身。即戦力として十分な働きはできなかったが、レギュラー奪取に向けて来季が重要になってくる。

 最下位に沈んだチームは若手の底上げなくして浮上はない。期待の持てるデビューを飾った選手も多いため、来季の飛躍を期待したい。

人気記事ランキング