野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 巨人は生え抜きベテラン2選手が引退&戦力外 トライアウトにかけた選手も

巨人は生え抜きベテラン2選手が引退&戦力外 トライアウトにかけた選手も

高橋由伸政権1年目の巨人は広島に17.5差をつけられ、2位でペナントレースを終えた。クライマックスシリーズでは3位のDeNAに敗れ、ファイナル進出はならず。71勝69敗3分は物足りない数字だった。先発陣は菅野智之、田口麗斗くらいしか計算が立たず、中継ぎ、リリーフも盤石とはいえなかった。

巨人

足のスペシャリスト鈴木は引退、加藤は現役続行へ

 高橋由伸政権1年目の巨人は広島に17.5差をつけられ、2位でペナントレースを終えた。クライマックスシリーズでは3位のDeNAに敗れ、ファイナル進出はならず。71勝69敗3分は物足りない数字だった。先発陣は菅野智之、田口麗斗くらいしか計算が立たず、中継ぎ、リリーフも盤石とはいえなかった。

 今オフはFA補強に乗り出す方針でDeNAの山口俊投手、ソフトバンクの森福允彦投手に照準を定めた。ドラフトでは即戦力投手を狙ったが2度の抽選に敗れ、中京学院大の大学ナンバー1野手の吉川尚輝内野手を指名。一方でチームを去る選手の中では大きなピースを失った。代走のスペシャリストとして支えた38歳の鈴木尚広外野手が引退を決断。また育成12選手にも戦力外を通告したが、大半が育成で再契約する見通しとなっている。

 ここで引退、戦力外になった主な選手を振り返ってみたい。

○鈴木尚広(引退)
プロ20年、1130試合、1339打数355安打、打率.265、228盗塁、10本塁打、75打点。

 福島・相馬高から1996年ドラフト4位で入団。俊足巧打の内野手として将来を嘱望され入団もケガが続き、1軍デビューは2002年。原辰徳前監督に見いだされ、一時はレギュラーとしてリーグVに貢献。晩年は代走の職人としてスチールを重ね、相手の脅威となった。200盗塁以上の歴代最高成功率8割2分9厘1毛を記録した。

○加藤健(戦力外―現役続行希望)
プロ18年目、185試合273打数59安打、打率.216、3本塁打、24打点

 新潟・新発田農から1998年に強打の捕手としてドラフト3位で入団。同期入団には大学から加入した上原浩治、二岡智宏ら。年齢では松坂世代にあたる。後に入団してくる2歳年上の阿部慎之助の存在があり、レギュラー定着することはなかったが、第2、第3の捕手として阿部がが離脱した時などを支えた。

人気記事ランキング