野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 敵地で優勝決定の日米最終戦 ビジター盛り上げる演出でアドバンテージ失うことも?

敵地で優勝決定の日米最終戦 ビジター盛り上げる演出でアドバンテージ失うことも?

日本シリーズ第6戦。北海道日本ハムファイターズが広島での2連敗から本拠地・札幌ドームで3連勝をマークし、日本一制覇に王手をかけた後に迎えた試合だった。そこには真っ赤に染まるマツダスタジアムで声を枯らしてファイターズを応援するファンの姿があった。

20161115_worldseries

日本シリーズとワールドシリーズ、敵ファンを盛り上げる企画に違いは?

 日本シリーズ第6戦。北海道日本ハムファイターズが広島での2連敗から本拠地・札幌ドームで3連勝をマークし、日本一制覇に王手をかけた後に迎えた試合だった。そこには真っ赤に染まるマツダスタジアムで声を枯らしてファイターズを応援するファンの姿があった。

 さかのぼると、試合の4時間以上前からファイターズファンはスタジアム周辺に集まっていた。応援団仲間が集結していたり、ファイターズの選手の球場入りを待っていたりと、その過ごし方は人それぞれだった。勝利すれば10年ぶりの日本一。王手のかかった一戦だっただけに、地元・北海道のテレビ局や新聞社もファイターズファンを見つけてはインタビューを敢行していた。

 そんな中、ファイターズの陽岱鋼外野手のユニホームを身にまとった夫婦がいた。話を聞くと、その家族は台湾からわざわざやってきたとのことだった。パシフィックリーグマーケティングをはじめとするパ・リーグ球団の台湾での活動がこのような形として、広島に表れていたのだ。日本シリーズという舞台にわざわざ海外から観戦に来るファンが増えれば、今後またその価値も高まっていくはずだ。

 試合開始前からファイターズのユニホームを身にまとうファンの姿がポツポツと見えたが、多くの種類のユニホームを身にまとっていた人たちが目立った。真っ赤なカープに対抗して、違う色のユニホームは自然と目立ったが、緑、白、ピンクとさまざまなファイターズのユニホームを着ており、中には東京を本拠地としていた時代のユニホームを着ている人もいた。

 球場入りするとファイターズファンのほとんどが座ったのは、三塁線上にあるビジターパフォーマンスシートだ。その箇所のチケットを持っていないと入ることすら許されないエリアである。スタジアムの他の箇所から多少隔離された状態ではあるが、専用の箇所を設けることでビジターのファンたちも一体感を持つことができる。

人気記事ランキング