野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 野手総入れ替え、力見せた救援も退団…阪神助っ人、来季補強ポイントは?

野手総入れ替え、力見せた救援も退団…阪神助っ人、来季補強ポイントは?

4年ぶりにBクラス(4位)に沈んだ阪神。2016年は金本知憲新監督のもと、超変革のスローガンを掲げて若手を積極的に起用するなど育成年ともいえるシーズンだった。対して助っ人の活躍はどうだったのか。

20160319_阪神

4助っ人の退団発表した阪神

 4年ぶりにBクラス(4位)に沈んだ阪神。2016年は金本知憲新監督のもと、超変革のスローガンを掲げて若手を積極的に起用するなど育成年ともいえるシーズンだった。対して助っ人の活躍はどうだったのか。

 今季一番の活躍を見せたのは来日7シーズン目のランディー・メッセンジャーだった。2年連続3度目の開幕投手を務め28試合に登板。12勝11敗、防御率3.01。チームトップの177奪三振をマークした。開幕から先発ローテを守り抜きイニングも185回1/3を記録しタフネスぶりを見せつけた。

 加入1年目となったマルコス・マテオはセットアッパー、抑えを務め、52試合に登板。1勝3敗、20セーブ、防御率1.80。豪快な投球フォームから繰り出される150キロ超の直球とスライダーで打者をねじ伏せた。3月31日のヤクルト戦(神宮)では9回から3イニングを投げるなどシーズン当初は絶対的守護神として力を発揮。5月に右肩を痛め登録を抹消されるなど1年を通して活躍できるかが今後の課題だ。

 マテオ不在の際には抑えを任されたラファエル・ドリスは34試合に登板し3勝3敗8セーブ、防御率2.12。だが、右肘を痛めシーズン中に2度の抹消を経験し9月末には手術を行うため帰国。来季の契約は微妙となっている。途中加入したコーディ・サターホワイトは20試合に登板し1勝1敗、防御率2.57。シーズン終盤には勝ちパターンで登板するなど力を見せたが今季限りでの退団が発表された。

人気記事ランキング