野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 米メディアが田中将大への“過小評価”を痛烈批判「おかしいじゃないか」

米メディアが田中将大への“過小評価”を痛烈批判「おかしいじゃないか」

メジャー3年目を終えたヤンキースの田中将大投手が“過小評価”されているとの声が米国内で上がっている。米メディア「ファンラグ・スポーツ」が「マサヒロ・タナカはたびたび見落とされ、正当に評価されていない」との見出しで特集記事を掲載している。

20161031_tanaka

米メディア特集、田中への“過小評価”は「恥ずべきこと」

 メジャー3年目を終えたヤンキースの田中将大投手が“過小評価”されているとの声が米国内で上がっている。米メディア「ファンラグ・スポーツ」が「マサヒロ・タナカはたびたび見落とされ、正当に評価されていない」との見出しで特集記事を掲載している。

 2014年に楽天からポスティングを経てヤンキースに入団した右腕は1年目の前半戦で快投を続けたものの7月に右肘靭帯の部分断裂が判明。治療を経てシーズン終盤に復帰を果たしたが、以降、現地では肘の状態を不安視する報道が続くことになった。

 2年目も故障離脱があり、2年連続で規定投球回に届かず。1年目は20試合の登板で13勝5敗、防御率2.77、2年目も24試合の登板で12勝7敗、防御率3.51と2年連続で2桁勝利を挙げたものの、7年総額1億5500万ドル(約169億円)の大型契約だったこともあり、物足りなさを指摘する声も少なくなかった。

 しかし今季はシーズンを通して先発ローテを守り、3年目にして初めて規定投球回に到達。31試合に先発し、自己最多の14勝(4敗)、リーグ3位の防御率3.07をマーク。199回2/3とわずかにシーズン200イニングに届かなかったが、エースとしてチームを牽引し続けた。特にオールスター明けの後半戦は活躍が際立ち、13試合の登板で8勝2敗、防御率2.83の好成績を収めた。

人気記事ランキング