野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 上原浩治
  • FAの上原浩治がイチローと同僚に!? 米メディアがマーリンズに獲得を“推薦“

FAの上原浩治がイチローと同僚に!? 米メディアがマーリンズに獲得を“推薦“

レッドソックスからフリーエージェント(FA)となった上原浩治投手は来季、どのチームでプレーするのか。候補の1つとして、米メディアがイチロー外野手の所属するマーリンズを挙げている。

20160904_uehara

イチロー所属のマ軍に「ベストフィット」!? 年俸は6億5000万円と算出

 レッドソックスからフリーエージェント(FA)となった上原浩治投手は来季、どのチームでプレーするのか。候補の1つとして、米メディアがイチロー外野手の所属するマーリンズを挙げている。

 ESPNでは、今オフにFAとなった選手のトップ50を選出。それぞれの選手がどの程度の契約を手にし、どのチームにフィットするかを分析している。執筆者は、レッズ、ナショナルズでGMを務めていたジム・ボウデン氏。強化のプロの目から予想年俸と「ベストフィット」のチームを割り出している。

 上原はFA選手ランキングの44位で登場。年俸は今季の900万ドル(約9億8100万円)から300万ドル(約3億2700万円)減の600万ドル(約6億5400万円)と算出された。

 寸評では「上原は今季、左打者を被打率.139と圧倒した。彼はフェンウェイ・パークでは防御率4.84だったのに対して、その他では防御率2.19ととても良かった」と紹介。敵地での防御率の方が圧倒的に優れていたというデータを持ち出している。

「ベストフィット」にレッドソックスの名前はなく、マーリンズ、パイレーツ、エンぜルス、ジャイアンツ、アスレチックスと5チームの名前が並んだ。

 マーリンズに移籍となれば、上原はイチローと初めてプレーすることになる。マーリンズは投手陣に大きな問題を抱えており、まずはエース右腕ホセ・フェルナンデスの悲劇の死で大きな穴が空いた先発投手の補強が急務となっているが、ブルペンの強化も必要だ。

人気記事ランキング