野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 大谷翔平のMLB挑戦はいつが最適か 米誌指摘、今オフならマイナー契約に!?

大谷翔平のMLB挑戦はいつが最適か 米誌指摘、今オフならマイナー契約に!?

日本ハムの二刀流・大谷翔平が侍ジャパンの強化試合(10~13日)でも打者として強烈な活躍を見せ、米国内での注目が高まっている。メジャー挑戦は早くても来シーズン終了後と見られているが、今オフの渡米を望む声も現地では根強い。ただ、それはMLB球団と大谷自身にとって望ましい状況ではないと米メディアが伝えている。

201603029_ohtani

22歳の年齢と日本でのプレー期間がネックに、「彼と契約を結ぶチームは制約を受ける」

 日本ハムの二刀流・大谷翔平が侍ジャパンの強化試合(10~13日)でも打者として強烈な活躍を見せ、米国内での注目が高まっている。メジャー挑戦は早くても来シーズン終了後と見られているが、今オフの渡米を望む声も現地では根強い。ただ、それはMLB球団と大谷自身にとって望ましい状況ではないと米メディアが伝えている。

 詳しい記事を掲載していたのが、1980年創刊の米野球専門誌「ベースボール・アメリカ」だ。「日本の二刀流選手であるショウヘイ・オオタニが、今オフシーズン話題を呼んでいる」との書き出しで、大きく取り上げていた。

 特集では、「彼は21世紀のベーブ・ルースだ。彼は100マイル(約161キロ)以上を投げることができる。そして、日本で最も優秀な打者でもある」と紹介。さらに、強化試合のオランダ戦で放った右中間への「特大ホームラン」、東京ドームの天井裏に消えた衝撃の二塁打の動画も掲載している。

 米国ではオオタニの知名度が急上昇しているが、同誌は来季のメジャー挑戦はないと予想。今オフのFA市場は先発投手が「貧相」な状態となっているものの、22歳という年齢がネックになるというのだ。

「オオタニは22歳であるため、彼と契約を結ぶチームはインターナショナル・ボーナス・プールの制約を受ける。23歳以上であり、プロ野球リーグで5年以上プレーしている選手には適用されない。オオタニは2017年以降、条件を満たすことになる」

人気記事ランキング