野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 2017年は記録ラッシュ!? 大台2000本安打達成を射程内に置く5選手

2017年は記録ラッシュ!? 大台2000本安打達成を射程内に置く5選手

秋季キャンプも終わりを告げ、プロ野球は本格的なストーブリーグに突入する。2017年シーズンへ向け、各球団が戦力補強に動いているが、来季球界を沸かせるのは誰か。その1つが大記録達成の期待が掛かった選手たちだ。

20160805_fukuura

今季は広島・新井が4月に達成、来季は巨人・阿部ら5選手に可能性あり

 秋季キャンプも終わりを告げ、プロ野球は本格的なストーブリーグに突入する。2017年シーズンへ向け、各球団が戦力補強に動いているが、来季球界を沸かせるのは誰か。その1つが大記録達成の期待が掛かった選手たちだ。

 2016年シーズンは、野手では広島・新井貴浩内野手が4月26日のヤクルト戦(神宮)で史上47人目となる通算2000本安打を達成。今季終了までに2107安打を放ち、プロ野球歴代29位に付けている。

 実は、来季2000本安打達成の期待が掛かる選手は多数いる。まずは巨人・阿倍慎之助内野手だ。ここまで通算1917安打で、あと83本。首位打者、打点王に輝いた12年以降、打撃成績を落としているとはいえ、今季は91試合出場で打率.310、104安打。打撃技術は健在で、大きな故障さえなければ、来季中の達成は間違いなさそうだ。

 ソフトバンク・内川聖一内野手も当確ランプだ。ここまで通算1896安打で、あと104安打。横浜(現DeNA)時代の08年から7年連続で打率3割台に乗せた後、昨季は.284と届かなかったが、今季は打率.304をマークして2年ぶりに大台到達。11月の侍ジャパン強化試合の日本代表に選ばれるなど、まだまだ脂が乗っている。巨人・阿部とは21安打差あるが、どちらが先に大記録達成を果たしてもおかしくない状況だ。

人気記事ランキング