野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 西武からFA移籍の岸、新天地・楽天への思い激白 則本とは固い握手

西武からFA移籍の岸、新天地・楽天への思い激白 則本とは固い握手

西武から海外フリーエージェント(FA)権を行使し、楽天に移籍することが決まった岸孝之投手が18日、仙台市内で入団会見を行い、新天地への思いを語った。ダブルエースとして先発ローテを支えることになる則本昂大投手とも固い握手を交わしたことも明かした。

20161118_kishi3

移籍決断の岸、「野球人生は一度きり。いつ終わるか分からないと考えた時に今かなと」

 西武から海外フリーエージェント(FA)権を行使し、楽天に移籍することが決まった岸孝之投手が18日、仙台市内で入団会見を行い、新天地への思いを語った。立花陽三球団社長、星野仙一球団副会長が同席のもと、移籍の決め手になった要因や来季の目標にも言及。ダブルエースとして先発ローテを支えることになる則本昂大投手とも固い握手を交わしたことも明かした。

 以下が会見の一問一答。

「この度、東北楽天ゴールデンイーグルスの一員になることになりました、岸孝之です。東北、仙台のためにこれから精一杯、頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします」

――楽天入りが決まり、現在の心境は。

「長い間、悩んできて、悩んで悩んで決断をして、この日を迎えられていることをホッとしています。東北、仙台を盛り上げたいと思って、こういう決断をしたので嬉しく思います」

――移籍の決め手となった理由は。

「野球を始めたのが、この仙台ですので、そこからプロに入るまでたくさんの人にお世話になり、支えられてここまでこられた。そういう方たちに成長した姿を見せたい、地元に恩返しをしたいなという強い思いがありました」

――星野副会長から熱い言葉があったが。

「『迷ったら前に進め』と聞いた時にそうだなと思いました。その言葉で前に進めたかなと思います」

人気記事ランキング