野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 上原浩治
  • FAの上原浩治にクローザーとして「価値」 MLB公式サイト特集「経験も豊富」

FAの上原浩治にクローザーとして「価値」 MLB公式サイト特集「経験も豊富」

レッドソックスからフリーエージェント(FA)となった上原浩治投手が、来季クローザーを務められる投手としてMLB公式サイトで紹介されている。来季開幕を42歳で迎える右腕だが、まだまだ需要は多いようだ。

20160921_uehara

市場には“ビッグ3“が存在も…クローザーとしても起用できる投手に上原の名前

 レッドソックスからフリーエージェント(FA)となった上原浩治投手が、来季クローザーを務められる投手としてMLB公式サイトで紹介されている。来季開幕を42歳で迎える右腕だが、まだまだ需要は多いようだ。

 MLB公式サイトは、今オフの市場に出ているリリーフ投手についての特集記事を掲載。今季47セーブのケンリー・ジャンセン(ドジャースからFA)、36セーブのアロルディス・チャップマン(カブスからFA)、47セーブのマーク・メランソン(ナショナルズからFA)の“ビッグ3”と契約できなくても、「タレント」を獲得できるとしている。

 守護神の補強を目指しているチームとして名前が挙がっているのは、カブス、ドジャース、ジャイアンツ、ナショナルズ、マーリンズ、ヤンキース。近年は、ブルペンにタレントを揃えるチームの躍進が目立っているだけに、どのチームも安定感のある救援投手を求めている。そして、“ビッグ3“以外でもクローザーとしても起用できる3人として名前を挙げられているのが、フアン・二カシオ(パイレーツからFA)、上原、ダニエル・ハドソン(ダイヤモンドバックスからFA)の3人だ。

 記事では、日本人右腕について「ボストンにおいて、ウエハラはあまりにも早く忘れさられた男となってしまったように思える。レッドソックスがクレイグ・キンブレル、カーソン・スミス、ブラッド・ジーグラーらを補強したことでウエハラは陰に隠れる存在となっていた。そして3.45という防御率はリリーバーとしては上原のキャリアで最も悪いものであり、故障での離脱もあった。そして彼は4月に42歳となる」と振り返っている。

人気記事ランキング