野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 西武・中村が現状維持でサイン 「ここ数年、悔しい思いしかしていない」

西武・中村が現状維持でサイン 「ここ数年、悔しい思いしかしていない」

西武の中村剛也が21日、西武プリンスドームで契約更改に臨み、現状維持の4億1000万円でサインした。

20161121_nakamura

自身もチームも不振で「最低最悪のシーズン」、すでに打撃フォーム改善に着手

 西武の中村剛也が21日、西武プリンスドームで契約更改に臨み、現状維持の4億1000万円でサインした。

 今季は序盤から右膝の具合が芳しくなく、例年状態の上がる交流戦の時期を過ぎても、一向に調子が上がらなかった。球団から「僕の成績がチームの成績につながる、と言われました」との言葉通り、自身が出場108試合、打率.238、本塁打21本に終わり、チームも3年連続Bクラスという結果に終わった。「最低最悪のシーズンでした。なかったことにしたい」と、不完全燃焼の一年を振り返った。

「ここ数年、悔しい思いしかしていない」と、ライオンズの主砲。複数年契約最終年となる来季へ向け、「いろいろ、早め早めにやっていきたいと思っています」。早くも右膝への負担を軽減するための打撃フォーム改善などに着手していることも明かした。

 来年の目標を書くために用意された色紙に『がんばる。』と書き、シンプルな言葉の中に、個人の、そしてチームの来季リベンジを込めた。(金額は推定)

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング