野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 香港紙まで大特集、大谷翔平は「アジアで最もダイナミックなアスリート」

香港紙まで大特集、大谷翔平は「アジアで最もダイナミックなアスリート」

二刀流での活躍で日本球界に衝撃を与え続けている日本ハムの大谷翔平。すでに米国から熱視線を浴び、中南米系のメディアにも取り上げられるなど世界から注目を集めているが、アジアでも「最もダイナミックなアスリート」と特集を組まれている。

20161114_ohtani2

世界から熱視線を浴びる二刀流、「世界はオオタニのものであることを理解するべき」

 二刀流での活躍で日本球界に衝撃を与え続けている日本ハムの大谷翔平。すでに米国から熱視線を浴び、中南米系のメディアにも取り上げられるなど世界から注目を集めているが、アジアでも「最もダイナミックなアスリート」と特集を組まれている。

「なぜ富の世界はアジアで最も魅力的な若きスター選手、ショウヘイ・オオタニを待ち望むのか」

 このようなタイトルで大谷を特集したのは、香港の英字新聞「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」。二刀流右腕のポテンシャルを絶賛している。

「アジアで最もダイナミックなアスリートは、ほぼ間違いなく世界で最もダイナミックなアスリートだ。笑うなら笑えばいい。しかし、世界はショウヘイ・オオタニのものであることを理解するべきだ」

 やや大げさともいえる表現だが、記事では大谷がそれだけ特別な存在だと強調している。まだ22歳の日本のスーパースターについて「メジャーリーグを除けば、彼は最も優れた投手であり、打者だ」と表現。大谷が高校生の時に、1度は直接メジャーに行くことを宣言したという事実を紹介しつつ、「ニューヨーク・ヤンキース、ボストン・レッドソックスそしてロサンゼルス・ドジャースは彼に興味を示していた」と伝えている。

 大谷は10~13日に東京ドームで行われたメキシコ代表、オランダ代表との強化試合で打者として圧倒的な存在感を見せつけた。12日のオランダ戦では右中間スタンド最上段へ特大のホームランを叩き込み、13日の試合では東京ドームの天井裏に消える衝撃的な二塁打で、ファンだけでなく両軍の選手も唖然とさせた。

人気記事ランキング