野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 楽天は最後の創設時メンバーや5球団競合左腕が戦力外に 期待の助っ人は5月退団

楽天は最後の創設時メンバーや5球団競合左腕が戦力外に 期待の助っ人は5月退団

梨田昌孝監督が今季から就任した楽天は、開幕直後に一時首位に立つなどリーグを盛り上げた。しかし、負傷者が出るなど失速し、4月は結局5位で終了。交流戦では4つの貯金を作るなどもりかえしたが、パ・リーグの上位3球団からは大きく引き離され、後半戦はAクラスに上がれず。それでも、3年ぶりに最下位は脱出し、5位でシーズン終了を迎えた。

20161024_makita2

最下位脱出も5位でシーズン終了、川井と栗原は現役引退

 梨田昌孝監督が今季から就任した楽天は、開幕直後に一時首位に立つなどリーグを盛り上げた。しかし、負傷者が出るなど失速し、4月は結局5位で終了。交流戦では4つの貯金を作るなどもりかえしたが、パ・リーグの上位3球団からは大きく引き離され、後半戦はAクラスに上がれず。それでも、3年ぶりに最下位は脱出し、5位でシーズン終了を迎えた。

 渋い働きで楽天投手陣を支えてきた川井貴志、加入1年目の栗原健太内野手が今季限りでの現役引退を表明。楽天創設時のメンバーで唯一、現役選手としてチームに残っていた牧田明久外野手は戦力外通告を受けた。入団時は将来の楽天を背負って立つ投手として期待された長谷部康平も実績を残せず、9年目で戦力外に。ともに現役引退の意向と伝えられている。また、シーズン序盤には、鳴り物入りで入団したジョニー・ゴームズ外野手が退団するという、まさかの事態もあった。

 今季限りで引退、戦力外となった主な選手は以下の通りとなっている。

◯川井貴志投手(引退)
プロ18年目。通算307試合登板。28勝36敗3ホールド、防御率4.51。

 98年のドラフト3位でロッテに入団。02年に51試合、03年には54試合、04年には47試合に登板とブルペンを支えた。06年のシーズン途中にトレードで楽天に移籍し、ローテの谷間や怪我人が出た際など、チームが困ったときに穴を埋める活躍が光った。今季は5試合登板で0勝1敗、防御率8.22の成績に終わっていた。

◯栗原健太内野手(引退)
プロ17年目。通算1026試合出場。打率2割9分3厘、153本塁打、586打点。

 99年のドラフト3位で広島に入団し、06年から主軸に。08年には打率.332、103打点をマークするなど、打線を牽引した。ゴールデングラブ賞3度(2008年、09年、11年)、ベストナイン1度(11年)を受賞。12年以降は負傷などで出場機会が激減し、自ら自由契約を申し出て昨オフに退団。入団テストを兼ねて、地元東北の楽天の秋季キャンプに参加し、契約に至った。しかし、今年は1軍での出番はなく、イースタン・リーグでは47試合出場で、打率.188、4本塁打、15打点の成績だった。

人気記事ランキング