野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 2年連続CS進出のロッテは「つなぎの4番」引退 実弾所持助っ人は1年で退団

2年連続CS進出のロッテは「つなぎの4番」引退 実弾所持助っ人は1年で退団

ロッテは今季、2シーズン連続の3位でシーズンを終え、クライマックスシリーズ(CS)に出場。しかし、CSファーストステージではソフトバンクに2連敗で敗れ、2年連続のファイナル進出はならなかった。3位だったとはいえ、2位・ソフトバンクとは12.5ゲーム差。「2強」とは大差だった一方で、4位・西武にも8ゲーム差をつけ、後半戦はほぼ無風状態で“定位置”を守り続けた。

20160831_saburo

2年連続3位も、今季最大の衝撃となったのはサブロー引退

 ロッテは今季、2シーズン連続の3位でシーズンを終え、クライマックスシリーズ(CS)に出場。しかし、CSファーストステージではソフトバンクに2連敗で敗れ、2年連続のファイナル進出はならなかった。3位だったとはいえ、2位・ソフトバンクとは12.5ゲーム差。「2強」とは大差だった一方で、4位・西武にも8ゲーム差をつけ、後半戦はほぼ無風状態で“定位置”を守り続けた。

 そんなチームにとって、今季最大の衝撃となったのは、サブローの引退。ファンから絶大な人気を誇る男がプロ22年間の現役生活に幕を下ろした。また、長打力で存在感を示した大松尚逸外野手、ブルペンを支えて2010年の“下克上“に貢献した伊藤義弘投手らは戦力外に。開幕前に実弾所持で逮捕された新助っ人のヤマイコ・ナバーロ内野手は、期待通りの働きを出来ずに1年で退団となった。

 一時代を築いたサブローをはじめ、今季限りで引退、戦力外、退団となった主なロッテの選手は以下の通り。

◯サブロー外野手(引退)
プロ22年目。通算1782試合出場。打率2割6分5厘、127本塁打、655打点、78盗塁。

 1994年のドラフト1位で入団。2001年以降はロッテ外野陣の中心的存在として、走攻守揃ったプレーで存在感を発揮した。第二次バレンタイン政権で31年ぶりとなる日本一を達成した2005年には、「つなぎの4番」として打率.313を記録。11年にトレードで巨人へ移籍したが、そのオフにはFA権を行使してロッテへ復帰。9月25日の引退試合では長年愛された本拠地ファンからの熱い声援を背に、有終の美を飾る鮮やかな二塁打を記録。引退セレモニーではウグイス嬢の谷保恵美さんによる「サブロ~~~~~~」という代名詞的アナウンスを受けながら、現役生活に別れを告げた。

人気記事ランキング