野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • MLBで変わりつつある二刀流・大谷への見方 「野球界は多才さに恋してる」

MLBで変わりつつある二刀流・大谷への見方 「野球界は多才さに恋してる」

米国内において、日本ハムの大谷翔平投手に対する注目度は日に日に高まっている。ニューヨークの地元紙「デイリー・ニューズ」は、二刀流右腕について「ショウヘイ・オオタニは(今オフ)日本に留まるだろうが、彼はすでに投手、そして打者としての技術でMLB球団を魅了している」と題した特集記事を掲載。「世界で最も関心を集める野球選手」と伝えている。

20161109_ohtani

NY地元紙が特集、大谷は「すでに投手、そして打者としてMLB球団を魅了」

 米国内において、日本ハムの大谷翔平投手に対する注目度は日に日に高まっている。ニューヨークの地元紙「デイリー・ニューズ」は、二刀流右腕について「ショウヘイ・オオタニは(今オフ)日本に留まるだろうが、彼はすでに投手、そして打者としての技術でMLB球団を魅了している」と題した特集記事を掲載。「世界で最も関心を集める野球選手」と伝えている。

 大谷は来オフにもメジャー挑戦に踏み切る可能性が高いと見られている。一方で、すでに二刀流として日本球界で圧倒的なパフォーマンスを続けているだけに、出来るだけ早く海を渡るべきだとする声もある。ただ、今オフは最適なタイミングではないというのが、米国内での見方だ。

 先日、米誌「ベースボール・アメリカ」は特集記事の中で、大谷が22歳以下で、なおかつプロ野球リーグでのプレーが5年以下(大谷は4年)のため、「彼と契約を結ぶチームは、インターナショナル・ボーナス・プールの制約を受ける」と指摘。インターナショナル・ボーナスプールとは、22歳以下の国外選手と契約する際に設けられている契約金額の上限。戦力不均衡が起こらないためのルールで、各球団の成績によって上限金額は異なる。そして、上限を超えた場合には、罰金も含めた罰則が規定されている。

 同誌は、この対象選手となる大谷が「メジャーリーグ契約ではなく、マイナーリーグ契約のみが可能である」ことや、すでに契約の上限を超えているチームは大谷との契約が制限されるという事実に言及していた。「デイリー・ニューズ」でも、「『ベースボール・アメリカ』によると、ヤンキース、レッドソックス、ドジャースといった球団はすでに過去2年でインターナショナル・ボーナス・プールの金額を超過しており、今オフ30万ドル(約3300万円)以上を獲得に費やすことができない」と指摘。さらに「エンジェルス、レイズ、ダイヤモンドバックス、カブス、ジャイアンツ、ロイヤルズ、ブルージェイズも同様だ」という。

人気記事ランキング