野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 稲村亜美がロッテのファン感で自己最速105キロ 平沢を“空振り三振”斬り

稲村亜美がロッテのファン感で自己最速105キロ 平沢を“空振り三振”斬り

タレントの稲村亜美(20)が23日、球速110キロに挑戦するため、千葉ロッテマリーンズファン感謝デーに登場。自己最速の103キロを2キロ更新する105キロをマークした。

20161123_inamura

7球目に自己最速を2キロ更新、ロッテは「私にとっては縁起のいいところ」

 タレントの稲村亜美(20)が23日、球速110キロに挑戦するため、千葉ロッテマリーンズファン感謝デーに登場。自己最速の103キロを2キロ更新する105キロをマークした。

 球団マスコットとの始球式では、緊張のあまりデッドボールと波乱のスタート。だが、ルーキー平沢大河との1打席真剣勝負で9球を投げ、フルカウントからの7球目、ワンバウンドにはなったが105キロを記録した。最後は100キロのストレートで平沢を見事に“空振り三振”。喝采を浴びた。

 目標には届かず「よかったのは、最初の3球ぐらい。めちゃくちゃ緊張しました。あんな大暴投で納得はしてません。まだまだですが、来年の開幕までは間があるのでそれまでには。103キロを出したのも千葉ロッテさん(での始球式)で、本当に私にとっては縁起のいいところなので、パワースポットに認定します」と茶目っ気たっぷりに宣言していた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング