野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ヤ軍守護神ベタンセス、両親の出身地ドミニカ共和国代表としてWBC出場へ

ヤ軍守護神ベタンセス、両親の出身地ドミニカ共和国代表としてWBC出場へ

ヤンキースの抑え右腕、デリン・ベタンセス投手が来春の第4回ワールドベースボールクラシック(WBC)で出生国のアメリカではなく、両親の出身地であるドミニカ共和国代表として参戦することを明言した。地元紙「ニューヨーク・ポスト」が報じている。

20161124_betances

出生国のアメリカではなく両親の出身地を選択、「家族の誇りになりたい」

 ヤンキースの抑え右腕、デリン・ベタンセス投手が来春の第4回ワールドベースボールクラシック(WBC)で出生国のアメリカではなく、両親の出身地であるドミニカ共和国代表として参戦することを明言した。地元紙「ニューヨーク・ポスト」が報じている。

 ベタンセスは2006年のドラフト8巡目でヤンキースから指名された生え抜きのクローザー。100マイル(約160キロ)に達する速球を武器に活躍し、3年連続でオールスターに選出されている。ニューヨーク出身だが、ドミニカ共和国代表としてWBCに出場するという決断を下したようだ。

 記事では「ドミニカの祖先に敬意を示すため、デリン・ベタンセスは2017年3月9日にマイアミで開幕するトーナメントに参加し、WBC王者の座を守るためマウンドに立つだろう」と言及。本人は「両チームともに僕にプレーしてもらいたがっていたが、DR(ドミニカ)でプレーすることを決めた。僕の家族の出身地で家族の誇りになりたい」と語ったという。

 2013年大会の優勝国のドミニカでは、すでにオリオールズのスター選手、マニー・マチャド内野手が参戦を宣言している。記事では、ヤンキースで今季の新人王候補に選出されたゲーリー・サンチェス捕手もドミニカ代表として参加する可能性があるとレポート。スペイン語版のMLB公式インスタグラムでは、前回大会でも優勝に貢献したロビンソン・カノ、ネルソン・クルーズ(ともにマリナーズ)、エドウィン・エンカーナシオン(ブルージェイズからFA)らを加えたスタメン予想を掲載しており、強力な陣容になりそうだ。他にも、ピンストライプの名門からはディディ・グレゴリウス内野手がオランダ代表、ルイス・セッサ投手がメキシコ代表に選出される可能性もあるという。

人気記事ランキング