野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 大谷のメジャーでの二刀流起用に追い風? MLBのロースターが26人に拡大も

大谷のメジャーでの二刀流起用に追い風? MLBのロースターが26人に拡大も

MLBのベンチ入りメンバーにあたる「アクティブ・ロースター」の人数が、現在の25人から1人増えて26人となる可能性が浮上している。

20160509_ohtani

労使協定締結交渉で“1人増”の案が浮上、先発6人制を採用する球団が出てくる可能性も?

 MLBのベンチ入りメンバーにあたる「アクティブ・ロースター」の人数が、現在の25人から1人増えて26人となる可能性が浮上している。これが実現すれば、先発投手を1人増やして中4日ではなく中5日で起用する球団も出てくる可能性があり、来オフにもメジャー挑戦に踏み切ると見られている日本ハム・大谷翔平投手の二刀流継続に追い風となるかもしれない。

 ESPNは23日(日本時間24日)、現在難航しているMLB機構と選手会の新労使協定締結交渉の中で「アクティブ・ロースター」を拡大する案が浮上していることを紹介。記事では「選手会がクラブ側に求めていることの一つが、4月~8月の期間において、ロースター登録の人数を26人に変更することだ。その代わりに、9月の最大登録人数を現在の40人から28~30人程に大幅削減ということも議題に上げている」と伝えている。

 8月までの「アクティブ・ロースター」を26人に拡大する代わりに、9月は枠を40人から大幅に減らすことを検討中だという。メジャーでは、9月になると「セプテンバー・コールアップ」と呼ばれるルールで、ベンチ入りメンバーが25人からメジャー契約枠と同じ40人に拡大される。つまり、メジャー契約の選手がすべてベンチに入れることになっているが、これが大きく縮小されるというのだ。

 では、「アクティブ・ロースター」が26人になることでは、どのような変化が起こるのか。当然、増えた1枠をどのように使うかは、球団によって異なるだろう。野手を1人増やすことで、代打起用などの幅を広げようとするチームもあるかもしれない。ただ、ESPNでは投手枠を1人増やすことが現実的だと分析している。

「4月から8月にかけて26人のロースターになるとすれば、一般的な観点から見れば、ほとんどの球団はリリーフ投手を加えるだろう。投手で13枠、といったことも26人ロースターでは定番となるだろう。またこの1枠によりチームは左のワンポイント要員のような『スペシャリスト』をロースターに加えることができる」

 記事ではこのように、中継ぎを1人増やす球団が多くなると指摘。だが、当然、先発投手を1人増やすために枠を使うという選択肢も生まれるだろう。

人気記事ランキング